シャンパンについて

シャンパンはフランス北東部にあるシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことを言い、ほかで作られたスパークリングワインをシャンパンと呼ぶことは禁じられています。

シャンパンのボトルにはおよそ25億もの泡が含まれており、飲み頃の温度は7度前後が適温と言われています。シャンパンのコルクを抜くときは、炭酸が抜けないように音を出さないように抜きます。またシャンパンは悪酔いの原因となるヒスタミンの含有量が赤ワインの1/81~1/10しかないため悪酔いしにくいと言われています。