ワインについて

ワインはワイングラスに100mml~15mml注がれます。ワインを注いでもらうときは、グラスを持たずテーブルの上にグラスを置いたまま注いでもらいます。 ワインの度数はおよそ12%前後ですので、ワイン一杯を飲むと500mmlの缶ビール(4~5%)を一本飲んだのと同じくらいのアルコール量ということになります。

ワインには「赤ワイン」「白ワイン」「ロゼワイン」があります。赤ワインは黒ブドウを軽くつぶし、果梗を取り除いたら果汁を果皮・種子と共に発酵させて造ります。 白ワインは白ブドウを絞った果汁のみを発酵させて造ります。赤ワインにはワイン独特の渋みがあり、白ワインには渋みはありません。 ロゼワインは赤ワインと白ワインの中間的なワインになります。

赤ワインは「ボルドー系」と「ブルゴーニュ系」の2種類に分けることができます。 どちらもフランスの地域名が由来となっており、ボルドー系は、ワインの色も濃くブドウの渋みをたっぷりと楽しむことができますし、ブルゴーニュ系はワインの色が薄くブドウの主張が少ない分、ブドウの出来によって味が変わる繊細なワインです。


赤ワイン

シャトー・モンペラ

[ボルドー産  辛口]

熟した赤い果実やプラムの非常にフルーティーな香り。アタックはフレッシュでシルクのような滑らかさがある味わい。後味は奥行きがある深い味わいを楽しめる。


シャトー・カルティエ

ボルドー産  辛口

シャトーフォンロックのセカンドラベル。深みのある赤紫色の色調。 ブラックベリーやダークチェリーといったベリー系果実などの熟した果実香が素晴らしく豊かな味わい。


ルチェンテ

イタリア産  辛口

ルーチェと同じモンタルチーノの畑を使用したルーチェのセカンドワイン。ハーブの香りの中にコーヒーやヘーゼルナットのほのかな甘い香りも感じることができます。シルクのような滑らかさで、まろやかな味わい。


ベルサーノ  バローロ

イタリア産  辛口

オレンジがかった輝きのあるガーネットの色調。熟した果実の豊かな香り。心地よいタンニンが感じられる繊細でバランスの良い芳醇な味わいのワインです。


シャトー・グランジュ

フランス産  辛口

シャトー・グランジュは1855年に3級に格付けされた名門シャトーです。美しい果実味と豊かで溶け込んだタンニンがあり、芳醇で長い余韻が感じられる長期熟成タイプのワインです。


ルロワ  ブルゴーニュ・ルージュ

フランス産  辛口

熟成したピノノワールのうま味を期待させる落ち着いた輝きをもつ色合い。熟したベリー系の果実味の中に蜜を思わせる凝縮感があり、健全な酸が全体をバランスよくまとめています。余韻は繊細でエレガント。


ロタ

チリ産  辛口

黒と見紛うほどの濃い赤色。色づきの良いチェリーやオークを軽く焦がした樽の香りが特徴です。果実の甘味と酸味のバランスがよく、熟したタンニンやイチゴ、杉やスパイスの豊かな風味が口の中を満たす魅感的なワインです。


シャヴェル・デ・アンデス

アルゼンチン産  辛口

赤いベリー、チェリー、手作りジャムの温かみのある香りが、スギや月桂樹のスパイシーなアロマと溶け合う。力強いアタックのあと、若々しい果実味と芳醇な味わいが口に広がる。甘く熟したタンニンが余韻の長い上品なフィニッシュへと導いてくれる。


アルマヴィーヴァ

チリ産  辛口

世界屈指のプレミアムワイン「アルマヴィーヴァ」。深く魅力的なルビーレッドの色調。ザクロやブラックチェリーのアロマに、スパイシーさやダークチョコレートのような心地よい樽の風味が加わっています。口の中では圧倒されるほどのふくらみがあり、ブドウの完熟を証明するような肉厚なボディーの中に澄んだ酸が感じられます。


オーパスワン

カルフォルニア産  辛口

アメリカ初のスーパー・プレミアム・ワインとして地位を確立し、今もなお絶大な人気と信頼を得ているオーパス・ワン。まろやかなタンニン。濃色な果実の風味はすばらしく融合された酸によって高められ、このバランスの良さはこのワインの長い熟成のポテンシャルを約束します。


白ワイン

ウィリアム・フェーブル  シャブリ  ヴァイヨン

フランス産  辛口

メイユール・ヴァン2ツ星。シャブリで最も偉大なドメーヌの一つ、ウィリアム・フェーブル。トロピカルフルーツのような熟したフルーツをイメージさせてくれる香り。果実味の味わいがしっかりとしていてクリーンでミネラリーな味わい。


ルイ・ラトゥール  シャサーニュ・モンラッシュ・ブラン

フランス産  辛口

シャサーニュモンラッシュの熟成ワインに特徴的な蜂蜜や住した洋梨の香り。絶妙にバランスがよく、傑出した上品な酸味、そして適度なミネラルが、切れ味を引き立てます。口に含むと官能的なまろやかさが全体を包み込み、長い余韻が続きます。